TEL:042-373-0511

〒206-0034 東京都多摩市鶴牧1-24-1 新都市センタービル3F

【はじめての方はこちら(本院予約のみ)】

予約受付中 予約受付中

【来院されたことがある方はこちら】

本院予約はこちら 分院予約はこちら

入れ歯

お口に合った入れ歯で快適な生活を

歯を失ったときの治療法としてもっとも一般的な入れ歯治療。同じ補綴(ほてつ)治療のうち、ブリッジは両隣の歯を大きく削って支えにする必要があり、インプラントは手術が必要であるためどなたでも治療を受けられるとは限りませんが、入れ歯であればさまざまなお口の状況に対応が可能です。また、保険が適用される、自費で作製する場合でもインプラントと比較して安価に作れるなどのメリットがあります。

当院では、患者様のご希望やご予算をうかがい、患者様のお口にぴったりと合った、しっかり噛める入れ歯作りを行っています。現在お使いの入れ歯についても、壊れた、お口に合わなくなってきたといったお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。お口の中は日々変化しています。そのため人工物である入れ歯は、定期的にメンテナンスや調整を行う必要があります。そのまま入れ歯を使い続けていると、お口の中でズレたり痛みが出たり、残っている健康な歯に悪影響を与えることもあります。予防歯科の定期健診で定期的にお口の中の変化をチェックするようにしましょう。

予防歯科ならこんなことができます

予防歯科を活用するメリットはたくさんあります。
最大のメリットは、ご自身の歯をいつまでも健康に維持できること。
その他にも次のようなメリットがあります。

入れ歯のメリット

  • 保険と自費のうち、自分に合ったものを選べる
  • 保険適用で作った入れ歯は修理が簡単
  • 自費で作った総入れ歯でも、インプラント1本分程度の費用で済む
保険適用の入れ歯 自費診療の入れ歯
保険適用の入れ歯 自費診療の入れ歯
△素材が歯科用レジンに限定される
△床が厚くなる
△見た目が不自然
△使用時に違和感がある
△噛む力が充分に発揮できない
◯安価に作れる
◯修理しやすい
◯素材や形状の選択肢が豊富
◯希望の入れ歯を作れる
◯しっかり噛めるものが作れる
◯見た目の自然なものが作れる
△費用が高額になる
△作製に時間がかかる
△修理が難しいことがある

安価ですぐに作製できるために、最初の入れ歯では保険適用を選ばれる方が多くいます。しかし、お口に合わない、しっかり噛めないといったお悩みから、自費で作りなおされる方も少なくありません。当院では、患者様のお口の状況やご予算に合った入れ歯をご提案しています。入れ歯のお悩みがあれば、遠慮なくご相談ください。

保険適用と自費診療の入れ歯の違い

レジン(歯科用プラスチック)床義歯 保険適用で作る一般的な入れ歯

長所
  • どんな症例にも適用できる
  • 費用が安い
  • 修理が簡単
短所
  • 壊れやすい
  • 慣れるまで違和感がある
  • 食べ物の温度が感じられにくい

スマイルデンチャー 金属のバネを使わない部分入れ歯(自費)

長所
  • 見た目に入れ歯とわかりにくい
  • 装着時の違和感がほとんどない
  • 弾力があり丈夫
短所
  • 修理ができないことが多い
  • 自費のため高額

金属床義歯 床に薄い金属を使用した入れ歯(自費)

長所
  • 床が薄くでき、しゃべりやすく、食べやすい
  • 頑丈で変形しにくい
短所
  • 自費のため高額

お口の中は日々変化しています。そのため人工物である入れ歯は、定期的にメンテナンスや調整を行う必要があります。そのまま入れ歯を使い続けていると、お口の中でズレたり痛みが出たり、残っている健康な歯に悪影響を与えることもあります。予防歯科の定期健診で定期的にお口の中の変化をチェックするようにしましょう。